クロスマーケット

クロスマーケット2とは?

クロスマーケット2SECONDは、VRChat上で行われるOculus Questユーザー、Quest対応ユーザー向けのバーチャル見本市・展示会です。

開催期間
Twitterハッシュタグ
#クロスマーケット
Twitterアカウント
@cross_market_
出展者向けDiscordサーバー
https://discordapp.com/invite/fn3MDcy
ポスター
クロスプラットフォーム・フェスティバル

クロスマーケット SECOND

2021年2月20日(土)〜2月28日(日) イベント開催決定!!

詳細はクロスマーケットHPにて

Questユーザー向けアバター販売・作品展示・イベントや団体等の活動PRなど

出展者募集中!!

申込受付: 10月3日(土)〜11月1日(日)

https://j.mp/クロマケ
Twitter: @cross_market_
Discord: discord.gg/fn3MDcy
出展者向け
こちら公開しているポスターは、ワールド等VRChat内外で自由に使用可能です。改変は禁止します (画像の一部へ貼り付け、解像度変更などは可)。

出展概要

概要・日程

開催期間
場所
VRChat内、PC、Quest両対応の専用ワールド
ワールドはSDK2環境 (SDK3/UDON使用不可)
出展費用
無料
申し込み受け付け
1次入稿受け付け
2次入稿受け付け

出展作品について

アバター、アクセサリ、ギミック、宣伝物など、さまざまなアイテムを展示可能です。

アバター利用を想定した3Dモデルを出展する場合、頒布作品がPCではVRChatのデフォルト設定で、QuestではMinimum Displayed Performance Rankを「Poor」に設定した状態で、PC/Questの両方でアバターが見えることを条件とします。

つまり、アバターのQuestにおけるPerformance Rankにおいて、「Polygons」「Skinned Meshes」「Meshes」「Material Slots」「Bones」がVery Poor以外である必要があります。

詳細はアバターの制限についてを参照してください。

アバター向けのアクセサリやギミックを出展する場合、それを装着した場合にそのアバターが、上記のアバターについての条件を満たせるようにしてください。

ポリゴン数について明確な制限は設けませんが、多くても3000ポリゴン程度になるでしょう。

それ以外の場合でも、メイン出展作品がPC版のVRChatでしか利用できない、SteamVRでしか利用できない、などの状態になることは避けてください。

なお、ワールド利用を想定した3Dモデルの場合、ポリゴン数は気にしなくて良いですが (ポリゴン数の大小はパフォーマンスへの影響がほぼないため)、 容量などの制限があるためご注意ください。

ワールドについて

負荷を抑えるため、一度に1〜2ブース程度ずつ表示される方式を採用する予定です。

ブース入稿規定

後日公開予定です。

アバターの制限について

PC Quest
頒布 ペデスタル 頒布 ペデスタル
ビルド後の容量 10MB 10MB
三角ポリゴン数 70000 10000 10000
Boundsサイズ
Skkined Mesh数 16 2 2
Mesh数 2 2
合計マテリアルスロット数 16 4 4
Dynamic Bone 0 0
Dynamic Bone Affected Transforms 32 0 0
Dynamic Bone Collider 2 0 0
Dynamic Bone Collision Check Count 0 0
Aniamtor
ボーン数 150 150
ライト 0 0
パーティクルシステム
Trail/Line Renderer
Clothの合計頂点数 0 0
Physics Collider 0 0
Physics Rigidbody 0 0
Audio Source 0 0

10MBを超えるとVRChatへアップロードできなくなるため、アップロードできれば容量については問題ありません。

PCの場合はExcellent、Good、Mediumのいずれか、Questの場合はExcellent、Good、Medium、Poorのいずれかであれば、頒布もペデスタルも基準を満たすことになります。

同一のアバターで、PCとQuest (Androidビルド) でポリゴン数などが異なる3Dデータをアップロードすることを想定している場合、頒布アバターの制限はQuest版のみに適用されます (PCは無制限のため)。

VRChat向けにセットアップされていない形式で頒布する場合は、セットアップ完了時に想定されるポリゴン数やマテリアル数などが前述の要件を満たすようにしてください。

出典